2014年06月03日

ラブライブ!アニメ二期九話とは自分にとってなんだったのか

総じて言うならば、個人的感情において「良かった」と言えます。
しかしながら、普通に見た場合には期待外れの評価を受けてもやむを得ないものだったとも言えます。

何が至り、何が至らなかったのかを自分なりにまとめてみたい。

☆良かったところ

1・メンバーが集まるまでの様子
緊張した面持ちで髪を結うエリチカをはじめとして、ラブライブにおいてこれまでほとんど描かれることのなかった「入り前の緊張感」みたいなのが描写されていたのは素晴らしかったと思います。

2・泣く穂乃果
いろいろなものがフラッシュバックしたのでしょう、自分のせいでラブライブをふいにしてしまったこと、形は違っても同じような形で、しかも正真正銘最後の機会を失いかねない状況でそれを繰り返してしまう可能性に直面していましたから、待っているほかのメンバーが見えた時の安堵感たるやもう……。

3・スノハレ
後述


☆悪かったところ

1・曲のキーワードである「雪」と、成功体験を絡めすぎたくどいまでのメタ演出
9話はライブに至るまでの道のりすべてが、2/8、2/9のさいたまスーパーアリーナでのライブに絡められています。想像を絶する雪、止まっていく電車、ラブライ田山とさえ揶揄されたあの地獄から自分も生還した一人です。
曲の題材として雪をフィーチャーするのはともかくとしても、なぜあそこまであの日を思わせる演出をする必要があったのかは正直疑問です。行ってない人や関東にいなかった人完全に置いてけぼりじゃないですか。しかもこたろーの作っていたゆきだるまは完全に2/8の夜のネタです。確かにあの日はもう伝説級といっていいですが、正直それをもとにした演出も、経験していない層にも共有できるようにしてほしかった。
加えてそれに追い打ちをかけるのが、放映終了後の4thSSABDのスノハレパート公開。
ここまで準備していて、相当この回に賭けていたのだとは思いますが、今一つその努力があまねく浸透したとはいいがたいと思うんですよねえ……。

2・スノハレ

後述。


☆スノハレはどうだったのか
なぜスノハレがここまで人気なのか、ということに対して明確な答えを出せる人はなかなかいないと思いますが、私見を申し述べるならば、ラブライブ本体から切り離しても成立しうる音楽的普遍性が、より深いところでファンの心をつかんでいるからではと考えています。
とにかくみんな大好きであるスノハレが、劇中で用いられることでどう化けたのか。これもただ単純に両者を比較すればいいというものではなくなってしまっており、その理由はおそらく、PVとライブの違いであると考えました。
PVのほうは撮影と編集を前提とするので、多少ダンスを無視した動きが可能になります。アップになった3人がダンスによる移動を無視して寄ったりとかは、編集を前提としたPVだからこそできる技ですが、9話はあくまで最終予選のリアルタイムのステージであるので、映像を制作する際においてそれらの方法は使えない、ということになります。ですのでダンスを無視して3人が寄るところなどは右から左へカメラを流すだけで終わっていたりするのです。
加えて2ndPVのときと状況が違うのは、3DCGの進化。これが格段に進化したおかげで、3Dのμ'sを大写しにしても大丈夫になったりしているんですが、3D依存度が高まったおかげで結構な量の「死にカット」が出てる気がしました。特にAメロで突然入ってくる横からのロングとか、Bメロに入って4小節に及ぶ、3Dの9人を全員フレームに入れてのスーパーロングとかですね。とくにBメロのところはもう半分にカット割ってもとは思ったんですが、スタッフロールからしても相当なリソースを突っ込んでおり、あそこがそうなったということはもう「そうならざるを得なかった」ということなのかな、と漠然と感じています。
とにかくこの辺は、3Dに頼れるようになったからこそ出てくる、麻薬的弊害の一種なのかなとも思っています。
おそらくここにシナリオを変えてA-RISEとかのステージを突っ込んだら、もう大変なことになってしまったのではないでしょうか。

で、ここまでボロクソに言って何が「総じて良かった」のかと思われるかもしれませんが、アップのカットが漏れなくかわいいんですよ!それもスゴイヤバイ級。
特に私の推す星空凛ちゃんなどはなぜか異様にアップが多かったうえにそのどれもがかわいくせつなくセクシーという殺人的な素晴らしさでもうそれを見ているだけでもうすべてを許せるレベルだったんですよマジで。
ほんとアイマスじゃないけどさ、担当アイドルがかわいかったらすべてが許せるようにμ'sもかわいいというだけですべてが許せてしまうんだな、と思いました。限度はあるけど。

まあとにかく結論を申し述べるならば、「さまざまな不満や不安はあるがμ'sがかわいいのでよかった」ということになります。
長々と書いてきたのにしょうもなくてすまんね。ただどこかで書いておきたかったので。
posted by Die棟梁 at 00:01| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする