2014年01月29日

劇場版を見てきたよ

何かと噂の劇場版を見てきました。
良いアイマスだったと思います。

以下ネタバレ込みの雑感になります。
RSSリーダーの人はそのまま読めちゃうかもしれないけどごめんね!


本当に感想は「良いアイマスだった」としか言いようがないです。

話の核になるのは、いわゆる出たての子が陥りそうな典型的なトラブルですが、765プロ正規所属のアイドルたちがゲームのたびに「またか」と揶揄されてきた新人ならではのトラブルも、劇中ではスクールの生徒ですがミリオンの子達が、しかも「横のつながりがある状態」で引き受けてくれて、「繰り返された成長」ではなく、これまでの結果とこれからをしっかり描く形になっていましたね。
特にミリオン組のテーブルに率先して座ったのが春香のみならず雪歩も一緒というところに、DSで愛ちゃんを導いた時の二人を見るような思いがしました。

ただ一つ残念なところは、可奈の太ったあたりのくだりですかね。
人間、ある日突然デブになっているわけではありません。
可奈の場合はリハをサボってしまったことがさらなる心の枷になって悪循環を起こし余計に顔を出し辛くなり、その結果食べ過ぎてしまってああなったわけで、主原因は太ったことではないわけです。
しかも予想に反してみんなに囲まれてあのような状況になってしまえば、説明を行うにしても正常な状態では不可能でしょうし、支離滅裂になってしまうことも予想に難くはありません。
でも、プチシューまで使ってああいうところ描いちゃったら「太ったのが主原因」って思われてもしょうがないんじゃないかなあ。
可奈ちゃんのイメージダウンがちょっと心配です。グリでもけっこう気に入ってる子なだけに。


実は最初、劇場版そのものを見に行くつもりがほとんどありませんでした。
しかし封を切られてみればtwitterの僕のTLでも大絶賛の嵐。普段斜に構えている人たちまでかなりのプラス評価をしており、一体これはなんなんだと好奇心を煽られ、久々に映画館に足を運ぶことになりました。
反面、ものすごい不安があったのも事実です。
もしこの大絶賛されている劇場版を受け入れられなければ、それが自分にとってのトドメになってしまうとも感じていたので。

もともと、この劇場版を楽しむために必要な前提であるアニマスに、僕はあまり良い思い出がありません。
原因は20話、いわゆる「約束」の回です。
アニマスでは何らかの形で千早の「克服」が描かれることは予想していましたが、それが自分が想定していたものよりもはるかに「軽く」、それによってもたらされた笑顔があまりにも素晴らしかった。
そのため、自分が今まで見てきた千早は何だったのか、自分は根本的に何か間違っていたのではないか、と軽いパニックに陥ってしまったのです。







この辺のツイートからも狼狽ぶりが見て取れますね。
このあたりの瞬間から、「線」を自分の前に引かれてしまったような感覚が少なからずあったのです。
その後7thライブをアリーナで見たり、その後のミンゴスのブログを見たり、時間が経過したりでだんだんその感覚も薄れてはいたのですが、アニメの劇場版を見るにあたり、心情的な面で若干の不安があるのは否定できませんでした。
実際見てみればその辺の感情が面倒を起こすこともなく、意を決して母親へチケットを送る千早や、トラブルの現場で複雑な表情をする千早とかもすんなり見れていました。なんというか、「線」ごと留まることを許された感覚、というのかな。

ともあれなんとなく「もう少しここにいることを許された」感覚にはなっているのですが、TLも含め界隈の異様な盛り上がりに若干の不安を感じています。
別に作品をけなすわけではないですし、盛り上がることが悪いことではありませんし、盛り上がってしかるべきものだったとは思うのですが、ちょっとみんな入れ込みすぎじゃあないかな、と。

この劇場版、テーマもそう取られやすいんですが、台詞回しがなかなか巧みで、「アニマスの延長線上でありながら、アイマス全てをインクルードしたようにも取れる」場面が非常に多いと感じました。特にアリーナでの春香の決意表明。あとBGMも新旧含め色々なアイマス曲がモチーフになっていましたね。
まあ自分もその辺で漠然と肯定された気分になっているのも事実ですが、そこであまりにも入れ込みすぎると、次の変化がきた時に心情的に大崩れする面もでてくるんじゃないかなあ、あくまでアニマスの文脈上のものであることを忘れないほうがいいのではないか、などと、鑑賞後の余韻に浸りつつも同時に漠然とした不安も感じました。自戒もこめて。

2月にはSSAもありますし、その後には14Allも続きます。
きっとそのどちらかで程度の大小はあるにせよ何らかの変化があるとは思いますが、変わらずに一喜一憂できるアイマスであって欲しいですね。



さらに追記。
モバグリは実は去年の3月にすっぱり足を洗ってしまいました。
フェスの状況をいちいち携帯を見て確認する生活が嫌になってしまったのです。
それでもミリオンのほうはごくわずかではありますが触れることができて、大体の子のアウトラインを把握できていたのも劇場版を見る一助になってくれていたかな、と思います。
ちなみにモバマスのお気に入りは氏家、ままゆ、ミリオンの方はひなたと桃子先輩が好きです!ああ^〜
posted by Die棟梁 at 22:05| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする