2008年09月05日

Here We Go!! トカチゴールド仕様



とりあえずトカチゴールドで使ったトラックに、そのままピアノだけ入れて上げてみましたよ!当初はここまでラテンな感じを出すつもりはありませんでした。
何故かと言いますと、実はこのアレンジはやよいの4つ打ちごまえとメドレーにしてニコに上げるつもりだったからです。その時はやよいは「エレピ+ホーン」、伊織は「ピアノ+ストリングス」みたいな配分でした。

で、最初TPTPにいくつか聴かせた候補のうちに、作りかけの4つ打ちごまえがあったんですね。ですがちょっとこれはフロアでは主張が弱い、ということになりまして、構想がある程度あってとりかかりやすそうだったHWGをカタチにしてみよう、と思い立ちました。

しかしセットの中にはすでにStrings of lifeが存在し、普通にピアノ+ストリングス基調で4つ打ちをやってしまうと、セットのほとんどで同じ雰囲気が続く上に、同じようなピアノソロを弾くことになってしまいます。それじゃいくらなんでも飽きてきます。
そこで思い切って、サビ直後にキックを抜いてブレイク気味にした上でピアノからラテンに移行するアプローチを取り入れました。

ラテンになった瞬間からノリが物凄い横ノリになるので理解を得られるかという不安もありましたし、ブレイク気味になるのでミスをしたら全てがこけるというリスクもありましたが、なんとか弾きおおせてほっとしてます。

フル版(といってもピアノソロに後サビが付くくらい)も、動画付きで作る予定ではいます。Strings〜フタリの記憶はTPTPが作るとおっしゃっているのでそちらにお任せ。
ポジティブはちょっと未定です。もちろんやりたい気持ちはありますが、できれば持ち歌はその子に歌って欲しい(亜美真美の持ち歌ですが、当日はいおりんverを使いました)のと、ちょっとポジティブのアカペラ確保に時間が掛かりそうなことが問題としてひとつ。もうひとつは、イントロに一瞬使ったGot to be realをあずささん+千早で作ってみたいという願望もあるからです。

時間が取れればぜひ何とかしたい!
posted by Die棟梁 at 00:24| Comment(0) | 自作動画解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。