2008年02月25日

千早誕生祭&『時雨千早』完結に寄せて



時雨Pのシリーズが無事大団円を迎えた。
でも、これが完結ではない。
時雨Pと、時雨千早のニコニコでの新たなステージが、ここから始まるのです。

かく言う自分は音源も動画も手を付けられなかった不埒物なので、せめて時雨PのSSに華を添えられないかと思い、


勝手にスピンオフを作ってみた。


時雨P、本当にスミマセン……。
実は物書きだった時期が一時期ありまして、本当にウン年単位でテキストエディタに向かってみました。
ちょっと斜めの角度から。
時系列的には、千早がE〜Dの間くらいから、一人暮らしのために家を出て行くまで、です。
一応rebirthなんて仮題をつけましたが、もう心の中で自由に付けてくださって構いません。
すこし重めの話ですが、救いがあるように書いたつもりです。
このスピンオフを、時雨Pと千早にささげます。

rebirth.txt

他にも後でいくつか動画紹介しますー。


posted by Die棟梁 at 22:45| Comment(7) | 動画紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お初です。
時雨Pのブログからきました。

内容はとてもよくてうるっときたんですが・・・
千早・母の
「プロデューサー……時雨さんって言うらしいわね?」
で吹いたww
Posted by 零度 at 2008年02月26日 01:41
ニヤニヤ。
ニヤニヤニヤニヤ。

いえ、それだけです(笑)。
スピンオフ、楽しませていただきました!
Posted by 赤ペン at 2008年02月26日 01:44
泣いた。

つーか勘弁してくださいよww
こんな隠し玉www


本当に、ありがとうございました。
Posted by 時雨 at 2008年02月26日 03:27
くっそーやられたww

なんだか泣いてる俺ガイル。

夫婦の繋がりは消えてしまったけれど、親子の絆は消えたりはしなかったんですね。
とても楽しませていただきました。

スピンオフほんとーに良かったです!
Posted by 美影 at 2008年02月26日 11:03
お初にお目にかかります。
私も時雨Pのブログから飛んできました。

「私には、どっちも選ぶことはできないよ。みんな、一緒がいい」

・・・この一言でもうボロ泣きでした。心に突き刺さりました。
その後も読んでてずっと涙が止まらず・・・w
ホント勘弁してくださいwwwwww
千早には、本当に、本当に幸せになって欲しいと心から願います。
Posted by でびるん at 2008年02月26日 15:25
>零度さん

そりゃあプロデューサーが時雨Pですから(笑)。
彼でなくては始まらないのですw

>赤ペンP

僕がとんでもない人の前で物書きである過去を明かしてしまったのは確定的に明らか。
ってかそれだけって(笑)。怖いですよw

>時雨P

いやあ、こちらもいいもの見せてもらいましたから、そのお礼ですw
これからですよ!これから!
Posted by Die棟梁 at 2008年02月26日 19:54
>美影さん

>親子の絆

そう、そこがミソなんですよ。
アケ版で、千早が母親に当てたメールが間違って届くというのがあると聞いて、それを見て「ああ、親子は切れてないんだ」と思いまして。
じゃあこういう親の気持ちはどうなんだろう、というのをメインに据えてみました。
楽しんでいただけて嬉しいです!


>でびるんさん

あのセリフは実際に時雨PがSSのなかで使ったものをそのまま持ってきています。
一番最後の家を出る日の朝の会話も、SSからそのまま引っ張ってきました。
後で出展書いて貼り直そうかな。

歌う限り、千早は自分自身と向き合わなければなりません。その先に得るものが少しでも良いものであって欲しいですね。
Posted by Die棟梁 at 2008年02月26日 22:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。